表現ガイドライン|チェックリスト

2014年3月14日

女性・男性のイメージを固定化していませんか?

> こちらのページをチェック

 

適切な呼称を使っていますか?

> こちらのページをチェック

 

女性と男性が対等な立場で表現されていますか?

> こちらのページをチェック

 

性的アピールをアイキャッチャーにしてはいませんか?

> こちらのページをチェック

 

 

再確認

男女共同参画に敏感な視点で全体をもう一度確認しましょう。

このガイドラインは,これがだめでこれが良いという特定の表現の是非を問うものではありません。

私たち一人ひとりが,相手を尊重し,人を傷つけない表現を心がけていかなくてはいけません。そのためにはどのような表現がより望ましいかを考えるため,このガイドラインを活用してください。

情報発信をする際の表現で疑問があれば,男女共同参画課までお問い合せください。

また,よりよいガイドラインにするため,是非ご意見等をお寄せください。

 

※提供しているデータのうち、紙面内の文章のみをオープンデータ対象とします。
  • 本ページに掲載しているデータは、非営利の場合に限り、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、非営利の場合に限り、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 


男女共同参画の視点から 情報の発信における表現ガイドライン

 

はじめに | この「ガイドライン」の対象 | 「男女共同参画」の視点から | 考えてみましょう ことばの表現

見てみましょう イラスト例 | 伝えたいことは何ですか? | FAQ(よくある質問とその回答)

よりよい表現をめざして | 北海道における公的広報の手引き | チェックリスト

関連ワード

お問い合わせ

市民部 市民・男女共同参画課
男女共同参画担当
電話:0138-21-3470
ファクシミリ:0138-23-7173