もと道南青年の家(旧ロシア領事館)活用事業プロポーザル

2020年9月23日

プロポーザルの趣旨・目的

民間事業者が持つノウハウを最大限生かして,旧ロシア領事館の歴史的価値を継承するとともに,施設を有効に保存活用していくことを目的に,活用事業者の募集を行うものです。

 

事業者の選定にあたっては,公募型プロポーザル方式により,提案内容や応募者の経営基盤等を総合的に審査し,選定された事業者に,土地と建物を一括して売却するものとします。

 

プロポーザル審査委員会

審査委員会の設置について

もと道南青年の家(旧ロシア領事館)活用事業に係る事業者の選定について,適正かつ公正に実施するため,もと道南青年の家(旧ロシア領事館)活用事業プロポーザル審査委員会を設置しました。

 

もと道南青年の家(旧ロシア領事館)活用事業プロポーザル審査委員会設置要綱

  

委員会の開催状況

 回 

開 催 日

主 な 内 容 等

 第1回 

 

 令和2年(2020年) 

 8月26日(水)

 

 

 ・現地視察

 ・募集要項(案)に係る意見照会

 ・保存活用が望ましい箇所に係る協議  

 

第2回

 

 令和2年(2020年)

 9月18日(金)

 

 ・募集要項(案)に係る協議

 第3回 

(予定)

 

 令和2年(2020年)

 10月8日(木)

 

 ・募集要項(案)に係る協議

※第4回以降は,開催日時等が決まり次第,お知らせします。

  

その他

プロポーザルの実施にあたり,応募者の事業計画作成および審査委員会の参考資料とするため,専門家への委託により,旧ロシア領事館の歴史的・文化的価値に係る過去の研究成果の収集および取りまとめを行いました。

 

もと道南青年の家(旧ロシア領事館)歴史的・文化的価値に係る調査報告書(ファイルサイズ:8MB)

 

リンク

旧ロシア領事館

 

 

 

 
 
by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

 

お問い合わせ

企画部 国際・地域交流課
電話:0138-21-3634