函館市の環境の状況について

2021年12月22日

環境部では、大気環境、水環境、音環境や化学物質の環境中の状況を把握するため、定期的にモニタリングを実施しています。

大気環境と水環境の測定地点図

令和2年度の測定結果について

大気環境

大気環境については、ほとんどの項目で環境基準を達成しており、おおむね良好な状況にあります。

直近の測定結果(速報値)は,北海道ホームページ「北海道の大気環境」および環境省ホームページ「大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君)」 で公表しています。

また、過去の測定結果は市ホームページ「環境数値オープンデータベース」で公表しています。

 

【関連リンク】

微小粒子状物質(PM2.5)について(函館市ホームページ)

光化学オキシダント(光化学スモッグ)について(函館市ホームページ)

 

水環境

河川の水環境については、下水道の普及により、水質は改善しています。しかし、一部の河川では水質の改善に課題が残されています。

海域の水環境については、ほとんどの項目で環境基準を達成しており、おおむね良好な状況にあります。

過去の測定結果は市ホームページ「環境数値オープンデータベース」で公表しています。

 

音環境

自動車交通騒音は、環境基準をおおむね達成しており、騒音改善の措置を関係機関に要請する限度を超えている地点はありません。

航空機騒音は環境基準を達成しています。

 

 ・測定結果の概要 「函館市環境白書」第2章 施策および環境の状況 4.生活環境の保全 (2)音環境の保全

 

【関連リンク】

生活騒音について(函館市ホームページ)

化学物質

<有害大気汚染物質>

ベンゼンなどの有害大気汚染物質は、全ての地点で環境基準を達成しました。

 

<ダイオキシン類>

ダイオキシン類は、大気、水質、水底の底質および土壌の4項目が全ての地点で環境基準を達成しました。

 

いずれも過去の測定結果は市ホームページ「環境数値オープンデータベース」で公表しています。

 

 【関連リンク】

ダイオキシン類に係る調査結果について(函館市ホームページ)

 

 

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

お問い合わせ

環境部 環境対策課
電話:0138-51-3348
ファクシミリ:0138-51-3498