微小粒子状物質(PM2.5)について

2020年2月28日

PM2.5とは?

❍PM2.5とは大気中に浮遊する粒子状物質のうち,粒径2.5µm以下の小さいものをいいます。
 (粒径2.5μm=1mmの400分の1)
 環境省では,PM2.5に関する情報を公開しています。詳しくはそちらをご覧ください。
 PM2.5に関する情報(環境省)

市内のPM2.5の測定状況について

本市では,中部小学校,北美原小学校,深堀中学校の3箇所でPM2.5の測定を行っています。
 測定結果(速報値)は,北海道ホームページ「北海道の大気環境」と環境省ホームページ「そらまめ君」 で公表しています。
 ※現在,そらまめ君には一部の測定局の測定結果が反映されていません。修正を環境省に依頼中ですのでしばらくお待ちください。 

PM2.5高濃度時の注意喚起について

本市ではPM2.5高濃度時に,次の判断基準に基づき,注意喚起を行います。 


【PM2.5に係る注意喚起判断基準】

判断区分 判断対象 基準値
午前中早めの時間帯での判断 5時,6時,7時の1時間値の平均値 PM2.5を測定する3箇所の測定局のうち2局以上の値が85µg/m3を超えた場合
午後からの活動に備えた判断 5時から12時の1時間値の平均値 3局のうちいずれかの値が80µg/m3を超えた場合

(μg=1gの100万分の1)

 

注意喚起を行う場合は,報道機関に対し報道依頼を行うほか,本市ホームページおよび函館市ANSINメール(安全・安心情報)により市民に対し情報提供します。

メールで確認を望まれる場合は,函館市ANSINメールから登録をお願いします。

注意喚起が行われた場合,不要不急の外出を控えるなどの下記【行動の目安】に心がけてください。

【行動の目安】

●屋外での長時間の激しい運動や外出をできるだけ減らすようにしてください。
●屋内においても,換気や窓の開閉を必要最小限にしてください。
●呼吸器系や循環器系に疾患のある方や,小児,高齢者の方は,体調に応じて,より慎重に行動するようにしてください。

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

お問い合わせ

環境部 環境対策課
電話:0138-51-3348
ファクシミリ:0138-51-3498