119番通報時等における多言語通訳サービスの導入について

2019年6月28日

多言語通訳サービスの導入について

函館市消防本部では,平成30年4月1日から多言語通訳サービスを導入し運用を開始しています。

 

目的

在住外国人や外国人観光客の増加に併せ,病気やけがをした外国人に緊急時の安心と安全を提供し,迅速で的確な消防救急活動を実施することを目的とし,本サービスを導入しました。このサービスの導入によって,より詳しい通報内容が聴取可能になるほか,今までは指導が困難であった応急手当の指導等も可能となります。

 

通訳方法

1 119番通報を受信する通信指令員(又は現場の救急隊員・消防隊員),2 通報者,3 多言語コールセンターの通訳者が電話を介した3者通話方式により同時通訳を行うことで,より詳しく通報内容を把握できる仕組みとなっています。

 

対応言語

 

24時間,365日対応(18言語)


 英語,中国語,韓国語,ポルトガル語,スペイン語,タイ語,ロシア語,ベトナム語,インドネシア語,

タガログ語,ネパール語,ドイツ語,フランス語,イタリア語,マレー語,ミャンマー語,クメール語,

モンゴル語

 

利用に際しての注意事項

119番に電話をかけてからコールセンターのオペレーターに代わるまで,十数秒お待ちいただくことがありますが,電話を切らないでお待ちください。

 

その他

有料となりますが病院やホテル等へ通訳者を派遣するヘルプデスクというサービスもあります。詳細はこちらをクリックしてください。

 

 

各言語へのリンク

英語

 

韓国語

 

ロシア語

 

中国語・簡体字

 

中国語・繁体字

 

 

 

 

 

指令台および指令員の画像

 

 

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

消防本部 消防指令センター
電話:0138-22-2126