關於在119報警時等的多種語言口譯服務的導入

2019年6月28日

關於多種語言口譯服務的導入

函館市消防總部自2018年4月1日起開始運用導入的多種語言口譯服務。

 

目的

由於一併增加的外國居民和外國觀光客,因此導入了本項服務。其目的是讓生病或受傷的外國人在緊急時感到安心和安全,以便迅速確實地進行消防和急救活動。因本服務的導入,除可聽取到更詳細的報警內容之外,至今指導尚有困難的急救措施等指導也將變成可能。

 

口譯方法

透過電話由119報警指揮中心的接線員(或是現場的急救隊員、消防隊員)、 報警者、 多種語言電話中心的口譯員,以三方通話方式進行同步口譯。這種組合方式可以掌握更詳細的報警內容。

 

應對語言

24小时,365天提供服務(18种语言)


英語,中文,韓語,葡萄牙語,西班牙語,泰語,俄語,越南語,印尼語,
他加祿語,尼泊爾語,德語,法語,義大利語,馬來語,緬甸語,高棉語,蒙古語.

 

利用時的注意事項

撥打119電話之後到電話中心的接線員接聽為止,要等上十幾秒鐘。請不要掛斷電話稍加等候。

 

其他

也有派遣口譯員到醫院或飯店等處的 Help Desk 服務,但需付費。

 

詳情請點擊此處。

 

 

 

 

 

 

指令台および指令員の画像

 

 

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

消防本部 消防指令センター
電話:0138-22-2126