カラスの被害対策

2019年4月24日

 

繁殖期の威嚇行動と対策方法

カラスは繁殖期(4月から7月)になると,巣の卵やヒナを守るために巣に近づいてきた人を寄せ付けないようにするため,威嚇・攻撃をすることがあります。カラスがいつもと違う鳴き声で鳴いていたり,2羽のカラスが決まった場所から離れなかったりする場合は,近くに巣がある可能性が高いので,迂回するなどをして,その付近に近づかないようにしましょう。

どうしても通行しなければならない場合は次のような行動をとり,被害を防ぎましょう。 

 

  • カラスに背後を向けないようにする。
  • 頭部を隠すように傘をさす。
  • 頭を守るために帽子をかぶる。
  • 腕を上にあげる。

 

自宅敷地内に営巣された場合

威嚇が少ない場合は,上記の対策を取り,繁殖の期間をしのぐことが最善であると考えられますが,威嚇行動が多かったり,攻撃をしてきたりする場合には,巣を撤去することも被害を防ぐ方法の一つです。

 

  • 市では民有地の敷地内にある巣の撤去を行うことはありません。撤去に関しましては,その土地の管理者や巣を作られた樹木の所有者が対応することとなります。
  • 巣の中に卵やヒナがいる場合は,鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律によって,事前に市の許可(無料)が必要となります。許可なく卵やヒナのいる巣を撤去することは違法となりますのでご注意ください。
  • 許可申請については,下記までご連絡ください。

  

        農林水産部農林整備課    電話番号 0138‐21‐3344

 

 

その他の場所に営巣されている場合

カラスが巣を作っている場所が民有地以外である場合は,その状況によって連絡先が異なりますので,以下の表をご利用ください。

 

カラス被害連絡先一覧

状況

連絡先 電話番号

 市の管理公園・緑地・児童公園

 函館市道の街路樹

 公園緑地事務所

0138-23-3697

 道営・市営住宅の敷地内

 函館市住宅都市施設公社

 業務課

0138-40-3604
 市立学校の敷地内  学校教育部保健給食課 0138-21-3547

 北海道道(産業道路等)の街路樹

 2級河川(亀田川等)敷地内

 函館建設管理部

 事業室事業課

0138-45-6500
 国道(国道5号等)の街路樹

 函館開発建設部

 函館道路事務所

0138-49-2631

 電柱に営巣

 北電(株)函館支店

 お客様サービスグループ

0120-06-0912

 普通河川(2級河川以外)敷地内

 調整池内の樹木

 市土木部公園河川管理課 0138-21-3436

 カモメ等(カラス・スズメハト以外

 の鳥類)に関すること

 渡島総合振興局

 環境生活課自然環境係

0138-47-9439

 

 

  • 民有地の敷地内にカラスの死骸がある場合は,土地の所有者の方に処理していただくことになります。処理方法がわからない場合は,環境部にご相談ください。

         環境部清掃事業課   電話番号 0138-51-5163

 

  • 巣立ちに失敗し,カラスのヒナが地面に落ちている場合は,親鳥が非常に凶暴になり,近づいた人を見境なく襲う危険があるため,近づかずに農林水産部にご連絡ください。

        農林水産部農林整備課  電話番号 0138‐21‐3344

 

  • 所管が分からないなど,その他カラスの処理に関して不明な点がありましたら農林水産部へご連絡ください。

        農林水産部農林整備課  電話番号 0138‐21‐3344

 

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

関連ワード

お問い合わせ

農林水産部 農林整備課
鳥獣担当
電話:0138-21-3344
ファクシミリ:0138-23-0325