生活保護|函館市就労等意欲喚起プログラム事業

2014年3月19日

就労を阻害する要因が少ない未就労の生活保護受給者を対象に,社会参加活動や就労体験等を通じて,生活リズムの立て直し,自尊心の回復,就労意欲の喚起等を図ることにより,就労支援プログラムへの参加誘導の促進と引きこもりの解消を行うなど,生活保護受給世帯の自立を支援することを目的としています。 

 

なお,本事業は北海道の離職者の安心生活支援事業費補助金を活用し,実施しています。 

 

事業開始

 平成23年8月1日 

 ※本事業の実施要綱制定 平成23年6月1日 

 

委託事業者

 特定非営利活動法人ワーカーズコープ茜 

 

事業の対象者

生活保護を受給する,次のいずれかに該当する者 

  1. 未就労期間が長期に及び,社会復帰に消極的な者 
  2. 就労体験の乏しい母子世帯の母親で,ある程度育児等に手がかからなくなった者 
  3. 引きこもりやニート等社会生活を営む上で自己管理の訓練が必要な者 

 

事業内容

ア カウンセリング 

専任のスタッフが個別面談あるいは家庭訪問によりカウンセリングを行っています。 

イ ボランティア活動への参加 

多様な形態にてボランティア活動を実践します。 

活動場所は,市内の運輸業,小売店,福祉施設など,この事業に協力いただいている事業所などで行っています。 

ウ 就労体験(インターンシップ) 

 一定期間ボランティア活動が達成できれば,就労体験へとステップアップします。 

エ 交流会の開催 

 同じ課題や悩みを持つ参加者が交流できる場として定期的に開催しています。 

オ 研修会の実施 

就労意欲をさらに高めるため,事業所の見学や資格取得のための研修会を開催しています。 

 

会議の様子 パソコン教室の様子
会議 パソコン教室

 

  

事業実績について

平成23年度

 ・事業参加者: 41名 

 ・ボランティア参加実人員: 26名(延人員 372名) 

 ・事業参加により就職に至った者: 4名 

 

 「男女別内訳」 男:23名,女:18名 

 「年齢別」 10代:1名,20代:1名,30代:8名,40代:17名, 

 50代:10名,60代:4名 

 

平成24年度

・事業参加者: 90名 

 ・ボランティア参加実人員: 76名(延人員 1,311名) 

 ・事業参加により就職に至った者: 9名 

 

 「男女別内訳」 男:54名,女:36名 

 「年齢別」 10代:7名,20代:8名,30代:14名,40代:32名, 

 50代:22名,60代:7名 

 

ボランティア受入れ先について

 ボランティア受入れ先については,運輸業,小売業,製造業等の一般企業,デイサービスセンター等の福祉関係など,多分野となっています。 

 

平成23年度

実受入れ先 15か所<受入れ承諾:33か所> 

 

平成24年度

実受入れ先 43か所<受入れ承諾:52か所> 

 

 

視察の様子 終了報告会の様子
視察 終了報告会

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、非営利の場合に限り、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、非営利の場合に限り、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

お問い合わせ

保健福祉部 生活支援課
電話:0138-21-3285