函館市景観計画

2021年4月8日

函館市では,平成20年に景観法に基づく「景観計画」を策定しました。

 

景観計画では,市全域を景観計画区域とし,当該区域の良好な景観の形成に関する方針及び行為の制限に関する事項等を定めております。  

 

このたび,「北海道・北東北の縄文遺跡群」の構成資産である史跡垣ノ島遺跡,史跡大船遺跡およびその周辺地域の良好な景観の形成を推進するため,函館市景観計画を変更しました。

なお,変更後の景観計画の施行は,令和3年7月1日からとなります。

 

ダウンロード

函館市景観計画(417KB) [現行(~令和3年6月30日まで)]

函館市景観計画(6MB)    [変更後(令和3年7月1日施行)]

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

お問い合わせ

都市建設部 まちづくり景観課
景観担当
電話:0138-21-3388
ファクシミリ:0138-27-3778