道路の位置指定

2014年3月18日

建築物を建築する場合,敷地が建築基準法で定める道路に2m以上接していなければなりません。
建築基準法上の道路がない未開発地や大きな敷地を細分化して利用する場合などには,新たに道路を築造しなければ,建築物の敷地として利用できない場合があります。このような場合には,特定行政庁の指定を受けることにより建築基準法上の道路となります。
位置指定道路は,その必要がなくなった場合には,一定の手続きを経て,変更または廃止することができます。ただし,その道路によっては,接道義務を満たしている建築物の敷地である場合には,変更または廃止について制限されることがあります。

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

お問い合わせ

都市建設部 建築行政課
指導担当
電話:0138-21-3394
ファクシミリ: 0138-27-3778