函館市公害防止条例施行規則の一部改正について(規制対象ボイラーの規模要件の変更)

2022年9月21日
 このたび,「函館市公害防止条例施行規則の一部を改正する規則」が令和4年9月13日に公布され,令和4年10月1日から規制対象となるボイラーの規模要件が「燃焼能力」による規制に変更されます。

趣旨・背景

大気汚染防止法では,事業所のボイラー等から発生するばい煙を規制しており,大気汚染防止法施行令(以下「政令」)に,規制対象となるボイラーの規模要件を「伝熱面積」または「燃焼能力」で規定しています。このたび政令の改正が行われ規模要件のうち「伝熱面積」に係る規定が削除され,令和4年10月1日より施行されます。

本市では,「函館市公害防止条例」において法が規制する規模未満のボイラーを規制しており,その対象規模要件を「函館市公害防止条例施行規則」において,「伝熱面積」と「燃焼能力」で定めていましたが,このたびの政令改正にならい,ボイラーの対象規模要件を「燃焼能力」による規制に改正しました。

改正内容

ボイラーの規模要件を「燃料の燃焼能力が重油換算1時間当たり25リットル以上50リットル未満」に改める。

施行日

令和4年10月1日

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

お問い合わせ

環境部 環境対策課
電話:0138-51-3348
ファクシミリ:0138-51-3498