充電器の使い回しで充電式ライトが発火!

2022年8月29日

充電器の使い回しで充電式ライトが発火~本末転倒な防災準備にならないために~

独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE(ナイト))は、91日の「防災の日」に合わせて、充電式ライト※1を他製品の充電器で充電してしまうと発火のおそれがあることを注意喚起しています。

台風や大雨などの自然災害に備えて、防災グッズを用意する方も多いと思います。なかでもヘッドライトや懐中電灯などの携帯型のライトは、停電時や避難時の照明に、最も多くの方が準備しているグッズです。近年は、明るく長持ちする LEDとリチウムイオン電池を組み合わせた充電式ライトが多く販売されています。一方で充電式ライトは製品付属の充電器(ACアダプター)ではなく、他製品の充電器で充電してしまうと、リチウムイオン電池が過充電により発火し、火災につながるおそれがあります。

災害に備えようと慌てて充電に取りかかると、誤った充電器を使用するなど事故が発生しやすくなります。いざというときに充電式ライトを安全に使用できるよう、災害発生前から余裕をもって使用上注意すべき点を確認しておきましょう。

 

(※1)本資料において、リチウムイオン電池を内蔵した携行型のLED投光器、LED懐中電灯、LEDヘッドライト、LEDランタンを指します。

 

 充電器の使い回し.png

▲LEDヘッドライトを付属品よりも出力電圧が高い他製品の充電器で充電して発火

 

事故防止のポイント

  • 充電は製品に付属の充電器(ACアダプター)で行う。
  • 充電中は放置せず、近くに可燃物などの物を置かない。
  • 充電用コネクター内部への液体やほこりなどの付着がある場合は充電しない。
  • 衝撃を与えない。
  • 高温となる場所に放置しない、水に濡らさない。
  • 充電ができないなどの異常が見られたときは、ただちに使用を中止し、購入店などに相談する。

 

NITE(ナイト)プレスリリース発表資料

 

本件に関する問合せ

独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)製品安全センター 

電話:06-6612-2066

 

>>過去の注意喚起情報はこちら

 

 

ホームページに関するアンケートにご協力ください。

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

お問い合わせ

市民部 くらし安心課
電話:0138-21-3188
ファクシミリ:0138-23-7173