ゼロカーボンシティ宣言

2022年3月10日

近年,気候変動を背景とする異常気象が世界各地で発生し,我が国においても平均気温の上昇,大雨,台風等による被害,農作物や生態系への影響等が観測されており,今後,豪雨や猛暑のリスクが更に高まることが予測されています。

 

このような気候変動の要因としてあげられている地球温暖化への対応が世界共通の喫緊の課題となるなか,国は令和2年10月,2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする,カーボンニュートラルを目指すことを宣言しました。

 

こうした状況を踏まえ,函館市においても,令和4年2月25日,令和4年度の市政執行方針において,ゼロカーボンシティの実現に向けて,2050年までに温室効果ガスの排出量実質ゼロを目指し各種施策を実施することを表明しました。

 

今後,より一層,市民や事業者の皆様の意識の醸成に努めるとともに,現在策定を進めている次期「函館市地球温暖化対策実行計画」に基づき,効果的な施策を推進してまいります。

 

環境大臣からのメッセージ

本市のゼロカーボンシティ表明について,山口環境大臣からメッセージをいただきました。

山口環境大臣からのメッセージ(181KB)

環境大臣メッセージ

※ゼロカーボンシティとは,2050年に温室効果ガス排出量実質ゼロを目指すことを表明した自治体のことです。

 

関連リンク

環境省:「地方公共団体における2050年二酸化炭素実質ゼロ表明の状況」(外部リンク)

 

 

 

ホームページに関するアンケートにご協力ください。

 

お問い合わせ

環境部 環境総務課
温暖化対策担当
電話:0138-51-0758