新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金の活用

2022年9月13日

概 要

  「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月7日閣議決定,4月20日変更)において

 創設された「新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金」は、新型コロナウルスの感

 染拡大を防止するとともに、感染拡大の影響を受けている地域経済や住民生活を支援し地方創

 を図るため、地方公共団体が地域の実情に応じてきめ細やかに必要な事業を実施できる交付金と

 なっています。

   

  そのため、地方創生臨時交付金は、新型コロナウイルス感染症への対応で必要な、以下を目的

 とした事業でれば、原則として使途に制限はありません。

 

 ■「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」の4つの柱

 

   1. 感染拡大対策と医療提供体制の整備及び治療薬の開発

   2. 雇用の維持と事業の継続

   3. 次の段階としての官民を挙げた経済活動の回復

   4. 強靭な経済構造の構築

 

 

 ■「国民の命と暮らしを守る安心と希望のための総合経済対策」の3つの柱 

   

   1. 新型コロナウイルス感染症の拡大防止策

   2. ポストコロナに向けた経済構造の転換・好循環の実現

   3. 防災・減災、国土強靭化の推進など安全・安心の確保

 

 

 

交付限度額

                                                                            (単位:千円) 

区分

国予算区分

R2年度

1次補正

R2年度 

2次補正

R2年度

3次補正

R3年度 

予備費等

R3年度 

補正

R4年度 

予備費等

総 額

 

[限度額通知日]

地方単独分

 [R2.5.1]

補助事業

地  方

単 

[R3.2.10]

地方単独分

[R2.6.24]

地方単独分

[R3.2.2]

補助事業

地  方

単  

 [R3.6.30]

[R4.2.15]

事業者支援分

[R3.8.20]

 

地方単独分 

[R3.12.27]

コロナ禍における原油価格・

物価高騰分

[R4.4.28]

交付限度額     9,201,245 1,054,617  234,094 3,427,967  1,369,766  341,786  294,547   1,410,478  1,067,990
 (うちR2市予算)  (4,660,113) (1,054,617) (177,529) (3,427,967)          

 (うちR3市予算)

 (2,061,447)   (56,565)   (1,369,766) (154,569) (294,547) (186,000)  

 (うちR4市予算)

  (2,479,685)         (187,217)

         

(1,224,478) (1,067,990)

 

 

地方創生臨時交付金活用事業

 令和2年度 活用状況(889KB)

令和3年度 活用状況.pdf(423KB)

令和4年度 活用状況.pdf(450KB)

 

 

関連リンク

  函館市新型コロナウイルス感染症緊急対策

  地方創生(新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金)(外部リンク)

  地方創生図鑑(新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金ポータルサイト)(外部リンク)

 

 

 

 

ホームページに関するアンケートにご協力ください。

 

お問い合わせ

財務部 財政課
電話:0138-21-3526