令和2年度 市民の生活状況に関する調査(ひきこもりに関する実態調査)結果

2021年2月5日

 

調査目的

本調査は,全国的にひきこもりの長期化や高年齢化が問題となっていることを踏まえ,

ひきこもり等の困難を抱える市民の実態および当事者のニーズや課題等を把握し,

現状を分析することで,本市におけるひきこもり等に係る施策展開のために活用する基礎資料を作成するために実施しました。

 

本調査にご協力いただいた市民の皆さまに,心より感謝申し上げます。ありがとうございました。 

調査方法

 

1 調査地域 市内全域

2 調査数  15歳から64歳の市民    5,000人

       上記市民の家族        5,000人

       民生委員および児童委員      702人

3 抽出方法 住民基本台帳による無作為抽出

4 調査方法 調査票を郵送し,無記名で郵送回収

5 調査期間 令和2年(2020年)6月30日(火)発送~同年8月15日(土) 

 

実施結果

区分 実施件数(件) 回答件数(件) 回収率(%)

15歳から64歳の市民

5,000 1,915 38.3
上記市民の家族 5,000 1,663 33.3
民生委員および児童委員 702 589 83.9

 

調査結果

表紙~II調査結果の概要.pdf(340KB)
III本人向けアンケート調査の結果.pdf(608KB)
IV家族向けアンケート調査の結果.pdf(458KB)
V民生委員・児童委員向けアンケートの調査結果.pdf(327KB)
 各調査の調査票.pdf(4,000KB)
調査結果の概要版.pdf(221KB)
 
 
  
by-nc-nd
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、非営利の場合に限り、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、非営利の場合に限り、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを再配布する場合は、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを改変したもの、本ページのデータを元に作成したものの頒布は禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

お問い合わせ

保健福祉部 障がい保健福祉課
電話:0138-21-3263
ファクシミリ:0138-27-2770