投げ込みヒーターが原因の火災に注意しましょう!

2020年10月1日

投げ込みヒーターが原因の火災が発生しています!

投げ込みヒーターとは?

水を張った容器に入れることにより,簡単に水を温めることができる移動式のヒーターで,建築現場でお湯を沸かす目的で広く使用されています。

 

       投げ込みヒーター画像.jpg

投げ込みヒーターが原因の火災が過去5年間で4件発生!

正しく使用すると便利な投げ込みヒーターですが,当市において,このヒーターが原因の火災が平成28年からの5年間で4件も発生しています。(令和2年8月末現在)

 

⓵平成28年 1件

⓶平成31年 2件

⓷令和 2年 1件

    合計 4件

火災事例

〇改装工事中の住宅において,清掃に入った作業員がポリバケツ内の水を温めるために投げ込みヒーターを使用 していたが,帰宅する際にヒーターのコンセントを抜き忘れて帰宅してしまい,ポリバケツ内の水が蒸発し空焚き状態となり,ポリバケツに着火して出火した。

 

〇普段から浴槽内の水を投げ込みヒーターで加温している家庭において,脱衣場内の中身が空のポリバケツにヒーターが置かれていたが,浴槽内にヒーターがあるものと勘違いしてコンセントを差し込んでしまい,その後外出,ポリバケツに着火して出火した。

 

〇普段からタイマースイッチを接続し,決まった時間のみ作動するようにした状態で投げ込みヒーターをお風呂の追い炊きに使用している家庭において,コンセントを抜き忘れたままヒーターをプラスチック製のカゴに置き外出,その間にタイマースイッチが機能しヒーターが作動してしまい,プラスチック製のカゴに着火し出火した。

 

〇普段からお風呂の追い炊きに投げ込みヒーターを使用している家庭において,使用後にテーブルタップの個別スイッチをオフにして洗濯場に保管していたが,物を取ろうとした際に意図せず個別スイッチがオンになってしまい,作動したヒーターがタオル等に触れて着火し出火した。

 

 

 火災現場写真   火災現場写真

 

火災現場写真   火災現場写真

 

 

焼けた投げ込みヒーターの画像   焼けた投げ込みヒーターの画像

                                                              

投げ込みヒーターが原因の火災を防ぐために!

正しく使用すると大変便利な投げ込みヒーターですが,使用前・使用中・使用後の確認を怠ると火災になる危険があります。

 

使用する前に,取扱説明書や使用上の注意事項をご確認ください。

 

また,火災を防ぐための重要なポイントは,次のとおりです。

 

 ⓵通電前にヒーター部分がきちんと水に浸かっているか確認する!

 

 ⓶樹脂製容器は使用しない!

 

 ⓷通電中は目を離さない!

 

 ⓸使用後は必ず投げ込みヒーターの電源プラグを抜く!

 

これらの注意事項をヒーターを使用する全員が徹底することで,投げ込みヒーターが原因の火災を防ぐことができます。

 

 

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

お問い合わせ

消防本部 予防課
調査係
電話:0138-22-2136