危険物施設における風水害対策の徹底について

2020年6月5日

近年,台風や豪雨による浸水,停電などの被害が全国各地で頻発しており,被害は大規模化し,災害復旧が長期化する等,深刻な事態となっており,危険物施設においても浸水,土砂流入,強風による被害等が発生しております。

危険物は火災発生の危険性が大きく,中には水と接触することで激しく反応するものがあります。また,ひとたび流出すると,回収が困難で,周囲の環境へも影響を及ぼします。

こうした事態を踏まえ,被害を軽減するためには,危険物施設の形態に応じた対策を講じる必要があります。

事業者の皆様には,事業所を守るため,被害を拡大させないため,必要な対策を講じるようお願いいたします。

以下の「危険物施設の風水害対策ガイドライン」を参考としてください。

 

危険物施設の風水害対策ガイドライン

共通事項

 (施設形態に応じた風水害対策上のポイント,チェックリスト(施設形態別))

製造所

屋内貯蔵所

屋外タンク貯蔵所

屋内タンク貯蔵所

地下タンク貯蔵所

簡易タンク貯蔵所

移動タンク貯蔵所

屋外貯蔵所

給油取扱所

販売取扱所

移送取扱所

一般取扱所

 

 

 また,被災地となった場合の円滑な燃料供給等の危険物の仮貯蔵・仮取扱いや給油取扱所等における臨時的な危険物の貯蔵・取扱いについては,「震災時等における危険物の仮貯蔵・仮取扱い等の安全対策および手続きについて」(2019年10月15日 指導課 掲載)を参考としてください。


このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

関連ワード

お問い合わせ

消防本部 指導課
電話:0138-22-2145
ファクシミリ:0138-22-1934