浄化槽の保守点検とは?

2022年3月4日

浄化槽は生きた微生物が活躍するとてもデリケートな装置です。

浄化槽が正しく機能するためには適正な維持管理が必要です。

 

浄化槽のいろいろな装置が正常に動いているか点検し,装置や機械の調整・修理,スカムや汚泥の状況を確認し,汚泥の引き抜きや清掃時期の判定,消毒剤の補充といったことを行う「保守点検」の実施が必要です。

 

「保守点検」の作業には技術上の基準が定められており,この基準を守るには専門知識や技術,経験さらに専用の器具・機材が必要なため,市の登録を受けた保守点検業者に委託してください。

 

「保守点検」は家庭用の小型合併処理浄化槽では4ヶ月に1回以上行うよう定められています。

(保守点検の回数は,浄化槽の大きさや処理方式によって異なります。)

 

保守点検業者名簿.pdf(91KB)

 

浄化槽の維持管理に関するチラシ

保守点検業者の皆様へお願い.pdf(154KB)

浄化槽管理者の皆様へ.pdf(148KB)

 

 

 

函館市の浄化槽のページ

 

 

ホームページに関するアンケートにご協力ください。


by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

関連ワード

お問い合わせ

環境部 環境推進課
ごみ減量・美化啓発担当
電話:0138-51-0798
ファクシミリ:0138-51-3498