固定価格での買取期間の満了を迎える住宅用太陽光発電について

2019年10月17日

 

 

 

 

固定価格での買取期間の満了を迎える住宅用太陽光発電について

 

 
 2019年11月以降,余剰電力買取制度の適用を受けた住宅用太陽発電設備は,固定価格による10年間の買取期間が順次満了を迎えることになります。

 

 

これらの太陽光発電設備については,今後,自家消費の拡大または余剰電力の自由売電契約に移行していくことになりますが,資源エネルギー庁では,買取期間終了後の円滑な移行に向け,情報提供サイトや問い合わせ窓口の設置、新聞・ウェブによる周知・広報を行っておりますので,適宜ご活用ください。

 


【情報提供サイト:どうする?ソーラー】
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saiene/solar-2019after/
 


【相談窓口】

電 話 :0570-057-333

受付時間:平日9:00~18:00(土・日・祝日、年末年始除く)

 

 

 

函館市経済部工業振興課

〒040-8666 北海道函館市東雲町4−13

TEL(0138)21-3350 FAX(0138)27-0460

E-mail:kougyou1@city.hakodate.hokkaido.jp                          

 

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

関連ワード

お問い合わせ

経済部 工業振興課
電話:0138-21-3350