函館市指定文化財が新たに指定されました

2019年12月25日

(1)戸井貝塚出土品

種別

   考古資料

 

名称

   戸井貝塚出土品

 

所在地

   函館市青柳町17番1号

    市立函館博物館

 

所有者氏名

   函館市

 

数量規模等

   1件(514点)

 

指定理由

   本物件は,函館市戸井地域に所在する縄文時代中期末から後期初頭の

   貝塚遺跡である戸井貝塚からの出土品である。

   出土品については,骨角器,土製品,貝製品,土器,石器など計514点になる豊富な内容を有している。

   本物件は北海道の津軽海峡に面した地域における貝塚出土品としては最大級の規模と豊富な内容で,

   漁労を生業とした当時の生活や採集技術などを知る上で極めて重要であり,

   縄文時代の貝塚文化を解明する上で貴重な資料として価値が高く,

   函館市の有形文化財として妥当なものである

 

 


            戸井貝塚出土品(舟形土製品)     

   骨角器                 角偶                   舟形土製品

 

   戸井貝塚出土品(青龍刀形石器)             戸井貝塚出土品(土器) 

   青龍刀形石器                      土器

 


 
 

 


 

  by
   このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

   ※提供しているデータの内,テキスト,文章,表のみをオープンデータの対象とし,写真については対象外とします。

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

関連ワード

お問い合わせ

教育委員会生涯学習部 文化財課
電話:0138-21-3456