受動喫煙防止対策をすすめよう

2018年9月21日

受動喫煙とは,本人がたばこを吸っていなくても,喫煙者が吸っている煙だけではなくたばこから立ち昇る煙や喫煙者が吐き出す煙にさらされることを言います。いずれの煙にも,ニコチンやタールなど多くの有害物質が含まれています。

 

受動喫煙の害が広く知られるようになってきた今,たばこ規制のあり方が見直され,様々な場所で受動喫煙防止の取り組みが進んでいます。

受動喫煙をなくすための法律の改正がありました 

受動喫煙防止対策を強化する,健康増進法の一部を改正する法律(以下,「改正健康増進法」という。)が公布されました。

 

改正健康増進法の基本的な考え方は,

1 「望まない受動喫煙」をなくす

2 受動喫煙による健康影響が大きい子ども,患者等に特に配慮

3 施設の類型・場所ごとに対策を実施

することです。

 

国の受動喫煙防止対策や改正健康増進法に関しては,下記の厚生労働省ホームページをご覧ください。 

 

関連リンク

受動喫煙対策(厚生労働省)

職場における受動喫煙防止対策について(厚生労働省)

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 ※提供しているデータのうち,紙面内の文字,文書,表のみをオープンデータ対象とし,写真・図については対象外とします。

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

関連ワード

お問い合わせ

保健福祉部 健康増進課
電話:0138-32-2216