幼稚園・認定こども園(幼稚園部分)を利用するときの手続き

2018年6月5日

新制度に移行した施設を利用するためには支給認定申請が必要です

平成27年4月から子ども・子育て支援新制度が施行されたことに伴い,園によって手続きの方法が異なります。
 
 
市立幼稚園(はこだて幼稚園,戸井幼稚園)については,教育委員会学校教育部学校教育課(電話0138-21-3523)にお問い合わせください。
 

新制度に移行した幼稚園,認定こども園

居住地に支給認定申請を行い,1号認定の支給認定証の交付を受けることが必要です。
認定区分 対象となるお子さん 利用できる施設
1号認定
(教育標準時間認定)
満3歳以上で教育を受けるお子さん

幼稚園

認定こども園

2号認定(保育認定) 満3歳以上で保育を必要とするお子さん

保育園

認定こども園

3号認定(保育認定) 満3歳未満で保育を必要とするお子さん

※認定区分は,お子さんの誕生日の前日の年齢で決定します。

 

 

入園の申込みについて

各幼稚園・認定こども園で入園願書と支給認定申請書を配付しますので, 直接,入園を希望する園へお申し込みください。

入園内定後に支給認定申請の手続きが必要となりますので,以下の「提出書類」を揃えて,利用を希望する幼稚園または認定こども園を通じて市へ提出してください。

マイナンバー(以下「個人番号」という。)制度の導入により,施設型給付費支給認定等申請書等に個人番号を記載いただくこととなりましたが,個人番号の記載がない場合も申請書等は受理できます。

 

※平成30年度入園の申請受付開始 平成29年11月1日(水)

 

利用料金

保育所・認定こども園・幼稚園の利用者負担額(保育料)のページでご確認ください。

 

提出書類

以下の1~2の必要書類を揃えて,提出願います。

マイナンバー(以下「個人番号」という。)制度の導入により,施設型給付費支給認定等申請書等に個人番号を記載していただくこととなりましたが,個人番号の記載がない場合も申請書等は受理できます。

 

申請に必要な様式は,子どもサービス課の窓口や各幼稚園等に取りに来ていただくか,もしくはPDFファイルをダウンロードしてください。

※ダウンロードした様式は必ずA4判で印刷したものをご使用願います。

 

1 施設型給付費支給認定等申請書

        施設型給付費支給認定等申請書    ※必ず両面印刷してください。

            施設型給付費支給認定等申請書【記入例】.pdf(158KB)

   

  • 兄弟姉妹で園を利用する場合も児童ごとに申請します。
  • 個人番号を記載した申請書等を代理人が窓口等(施設を含む)に持参する場合は,「委任状」も必要となります。

 

2 添付書類

 

(1)世帯状況確認票  

  世帯状況確認票.pdf(51KB)    世帯状況確認票【記入例】.pdf(96KB)

 

(2)利用者負担額(保育料)の算定等に必要となる書類

  • 下表ア~オのいずれかに該当する場合は,それぞれ必要とする書類を提出してください。
  • 兄弟姉妹で申請する場合の添付書類は共用できますので,1部で結構です。
 
区分 必要書類

同居する世帯員に在宅障がい児(者)がいる方

※申請児童を含む。

該当する方の身体障害者手帳, 療育手帳, 精神障害者保健福祉手帳等の写し

 ※特定施設等に入所または入院している場合は,対象にならない場合がありますのでご注意ください。

平成29年1月1日現在の住民登録地が函館市以外の保護者(父母等)

※単身赴任の保護者を含む。

平成29年1月1日に住民票のあった市区町村から発行される平成29年度市区町村民税所得課税証明書の写し,もしくは納税通知書の写し,または特別徴収税額の通知書の写し

 ※保護者が非課税の場合も,確認できる書類が必要となります。

里親または養護施設の長

里親委託証明書または児童相談所の長の証明書(原本)または通園に要する費用の負担者を明らかにする里親または養護施設の長の証明書(原本)

兄弟姉妹の中で新制度に移行していない幼稚園,特別支援学校の幼稚部もしくは情緒障害児短期治療施設の通所部に在籍し,または児童発達支援もしくは医療型児童発達支援を利用している就学前児童がいる場合

利用者負担額軽減対象施設にかかる在籍(利用)証明書

(市の様式)

 

子ども・子育て支援新制度に移行しない(私学助成を受ける)幼稚園

 ※函館市内の幼稚園は,すべてが平成30年度から子ども・子育て支援新制度に移行しました。

 

入園の申込みについて

各幼稚園で入園願書を配付しますので,直接,入園を希望する幼稚園へお申し込みください。

 

利用料金

各幼稚園で独自に保育料を設定しています。なお,保育料以外の費用につきましても,各幼稚園で設定します。

また,園を通じて,幼稚園就園奨励費補助金の申請を行うことができます。

 


by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

お問い合わせ

子ども未来部 子どもサービス課
認定・入退所担当
電話:0138-21-3270
ファクシミリ:0138-22-2340