子宮頸がん予防ワクチン接種について

2020年5月29日

  平成25年6月14日,厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会が開催され,子宮頸がん予防

 ワクチンの副反応報告について審議が行われました。
     この結果,ワクチンとの因果関係が否定できない持続的な疼痛が子宮頸がん予防ワクチン接種後に特異的に

 見られたことから,副反応の発生頻度がより明らかになるまでの間,子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を

 積極的に勧奨しないよう,厚生労働省から勧告がありました。
     このことにより,函館市においても,接種の対象者やその保護者への積極的な勧奨を差し控えております。

    しかし,接種自体は継続して実施しておりますので,定期接種の対象者で,接種を希望される方は,無料で

   予防接種が受けられます。

  下記の「子宮頸がん予防ワクチンの接種を検討している方へ」および厚生労働省作成のリーフレットをよく

   お読みになり,予防接種の効果や副反応についてご理解のうえ,接種をご検討ください。 


    ●ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)の定期接種の対応について(勧告:PDF形式)

   子宮頸がん予防ワクチンの接種を検討している方へ(函館市作成:PDF形式) 

 


    ◆接種を希望される対象者および保護者の方へ

 

   こちらを必ずお読み下さい 

   →  ●概要版 子宮頸がん予防ワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ(厚生労働省作成リーフレット:PDF形式)

       ●詳細版 子宮頸がん予防ワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ(厚生労働省作成リーフレット:PDF形式)

      ●HPVワクチンを受けたお子様と保護者様へ(厚生労働省作成リーフレット:PDF形式)  

  

  

 ◆厚生労働省の子宮頸がん予防ワクチン相談窓口

  

  厚生労働省では,子宮頸がん予防ワクチン相談窓口を設置しております。
   ※平成29年4月1日から電話番号が変更になりました 

  

   ○電話番号 03-5276-9337

  ○受付時間 月曜日から金曜日 午前9時~午後5時

   ※ただし,祝日,年末年始(12月29日~1月3日)を除く

 

 ◆その他(リンク)

  ●厚生労働省ホームページ:ヒトパピローマウイルス感染症(HPVワクチン)


    ※定期予防接種の概要は,こちらへ

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

関連ワード

お問い合わせ

子ども未来部 母子保健課
電話:0138-32-1533