子宮頸がん予防ワクチン接種について

2022年5月12日

子宮頸がん予防ワクチンの個別勧奨を再開しています

子宮頸がん予防ワクチンとの因果関係を否定できない副反応の報告が相次いだため,平成25年6月14日付けで,厚生労働省から,接種の積極的な勧奨を差し控えるよう勧告があり,それ以降,函館市においても積極的な個別勧奨は控えておりましたが,このたび,厚生労働省の検討部会において,最新の知見を踏まえ,改めてワクチンの安全性について特段の懸念が認められないことが確認され,接種による有効性が副反応のリスクを明らかに上回ると認められました。

このため,令和3年11月26日付けの厚生労働省通知に基づき,函館市でも令和4年度から個別勧奨を再開しています。(中学1年生および高校1年生相当の女子にお送りしています)

なお,これまで同様,定期接種の対象者で,接種を希望される方は,無料で予防接種が受けられます。

下記の「子宮頸がん予防ワクチンを接種される方へ」および厚生労働省作成のリーフレットをよくお読みになり,予防接種の効果や副反応について十分ご理解のうえ,接種してください。 

   

ヒトパピローマウイルス感染症(子宮頸がん予防ワクチン)に係る定期接種の今後の対応について(厚生労働省通知:PDF形式) 

子宮頸がん予防ワクチンを接種される方へ(函館市作成:PDF形式) 

 
◆接種を希望される対象者および保護者の方へ   

   こちらを必ずお読み下さい   

●概要版 子宮頸がん予防ワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ(厚生労働省作成リーフレットR4年版:PDF形式)

   ●詳細版 子宮頸がん予防ワクチンの接種を検討しているお子様と保護者の方へ(厚生労働省作成リーフレットR4年版:PDF形式)

  ●HPVワクチンを受けたお子様と保護者様へ(厚生労働省作成リーフレットR4年版:PDF形式)  

接種機会を逃した方へ ~キャッチアップ接種のご案内~

積極的な勧奨の差し控えにより,接種機会を逃した方を対象に接種の機会を提供する「キャッチアップ接種」が始まりました。対象となる方には,個別通知を送付しております。

対象となる方

 平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれの女子 

 ※接種時に函館市に住民登録がある方に限ります。

 ※過去に子宮頸がん予防ワクチンの接種を3回受けた方は,対象となりません。 

接種期限

 令和7年3月31日まで

接種料金

 無料  

HPVワクチンの接種を逃した方に接種の機会をご提供します」(厚生労働省作成リーフレット):PDF形式 

自費で接種を受けた方への償還払について

平成9年4月2日~平成18年4月1日生まれの女子のうち,次の全てに該当する方は,接種費用について,函館市の助成額を上限額として,償還払を受けることが出来ます。 

・令和4年4月1日時点で函館市に住民登録があること。

・16歳となる日の属する年度(高校1年生相当)の末日までに,子宮頸がん予防ワクチンの定期接種を3回完了していないこと

・17歳となる日の属する年度(高校2年生相当)の初日から令和4年3月31日までに日本国内の医療機関で子宮頸がん予防ワクチン(サーバリックスまたはガーダシルに限る)の任意接種を受け,実費を負担したこと

・償還払を受けようとする接種回数分について,キャッチアップ接種を受けていないこと

 

償還払の申請に必要な書類等

 1 「函館市子宮頸がん予防ワクチンの任意接種費用に係る償還払い申請書」 

  →申請書のダウンロード,記載例はこちら

  ※振込先の口座の記入が必要となります。

 2 被接種者の氏名・住所・生年月日が確認できる書類の写し(申請者と被接種者が異なる場合は双方のもの)

  ※住民票,運転免許証,健康保険証などいずれか一つ

  3 接種費用の支払いを証明する書類(医療機関の領収書および明細書,支払証明書等)

  ※原本に限ります

  4 接種記録が確認できる書類(母子健康手帳「予防接種の記録」欄,医療機関の発行する接種済み証等)の写し

 (4の書類が提出できない場合)

 5 「函館市子宮頸がん予防ワクチンの任意接種費用に係る償還払申請用証明書」(原本) 

  →証明書のダウンロードはこちら

  ※接種を受けた医療機関に記入を依頼してください。  

申請期限

 令和7年3月31日まで 

子宮頸がん予防ワクチン相談窓口

◆北海道の相談窓口

受付時間 月曜日から金曜日 午前8時45分~午後5時30分 ※祝日,年末年始を除く

副反応が生じたことによる医療や生活の悩みに関すること

 ○ 北海道保健福祉部感染症対策局感染症対策課 011-204-5253

学校生活など教育の悩みに関すること

 ○ 北海道教育庁学校教育局健康・体育課 011-206-6818

 

◆厚生労働省の相談窓口 

厚生労働省の「感染症・予防接種相談窓口」では,子宮頸がん予防ワクチンを含む予防接種,インフルエンザ,性感染症,その他感染症全般についての相談にお答えします。     

電話番号 050-3818-2242

受付時間 月曜日から金曜日 午前9時~午後5時 ※祝日,年末年始を除く

 

◆子宮頸がん予防ワクチン接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関

接種後に,気になる症状が現れた場合,まずは,接種を受けた医師やかかりつけの医師にご相談のうえ,下記の協力医療機関の受診についてもご検討ください。

 ○ 北海道大学病院 婦人科 011-706-4330

 ○ 札幌医科大学付属病院 リハビリテーション科 011-611-2111(内線31320 医療連携福祉センター)

 

◆その他(リンク)

 ●厚生労働省ホームページ:ヒトパピローマウイルス感染症 ~子宮頸がんとHPVワクチン~


    ※定期予防接種の概要は,こちらへ

 

 

ホームページに関するアンケートにご協力ください。

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

関連ワード

お問い合わせ

子ども未来部 母子保健課
電話:0138-32-1533