函館市旅館業法施行条例の一部改正に対するパブリックコメント(意見公募)    手続の実施について(募集期間:平成24年10月1日~10月31日)

2018年3月6日

募集期間

平成24年10月1日(月)~10月31日(水) ※必着  ※募集終了

結果公表の予定時期

平成24年12月

概要・趣旨・背景

 「地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律」が成立し、旅館業法が改正されたことに伴い、これまで北海道が定めていた社会教育施設で学校・児童福祉施設に類するものの基準、衛生措置の基準および宿泊を拒むことができる事由について本市の条例で定めることとされました。
 これらの必要な基準や事由を条例で定めるにあたっては、現行の北海道の条例を基本として、本市の場合における基準等を策定する考えであり、このことに関し、市民の皆様のご意見を募集します。

政策等の案

・ 条例案の概要
  (仮称)函館市旅館業法施行条例の一部改正について(PDF形式:55KB)

・ 参考資料
  
旅館業法施行条例(昭和24年1月11日北海道条例第4号)(PDF形式:67KB)


 〇意見書様式

  ・PDF(118KB) ・一太郞(43KB) ・Word(63KB)
 
※ この素案と意見応募用紙については,保健所生活衛生課(総合保健センター3階),市役所1階および各支所で配布します。

実施結果

  • 意見提出者数  なし

策定した計画等

・函館市旅館業法施行条例(平成17年6月29日条例第38号) [函館市例規集]

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

お問い合わせ

保健所 生活衛生課
食品衛生担当
電話:0138-32-1523