都市構造再編集中支援事業(都市再生整備計画)について

2022年3月25日

市では,「函館市立地適正化計画(平成30年策定)」に基づき,人口減少や少子高齢化が進む中にあっても,市民生活に必要な医療・福祉・子育て支援・商業・公共交通等の都市機能を効率的かつ持続的に確保・提供していくことができるコンパクトなまちの実現を図るため,まちなかへの居住の誘導と,魅力ある居住環境の整備等を一体的に進める 都市構造再編集中支援事業  を実施します。

 

この度,その実施計画である「都市再生整備計画」を作成し,国に提出しましたので,都市再生特別措置法第46条第28項の規定に基づき,以下のとおり公表します。

 

 

都市構造再編集中支援事業 : 立地適正化計画に基づき市町村等が実施する事業に対して,国が集中的に支援(補助金の交付等)を行い,

 持続可能で強靱な都市構造へ再編していくための事業。詳細 → 国土交通省HPへのリンク

 

 

都市再生整備計画(函館駅前・大門地区)の概要

1 地区の名称

函館駅前・大門地区

 

2 地区の面積

149ha

 

3 計画期間

令和4年度から令和8年度

 

4 目標

大目標 都心部ならではの生活利便性と賑わいのある「まちなか」の実現

 

 目標1 利便性が高く賑わいある交流拠点の創出

 

 目標2 居心地が良く訪れたくなる歩行者空間の創出

 

 目標3 まちなかへの居住の促進

 

5 主な事業

1 道路整備事業

 (1) 市道「公園通2号(通称:高砂通)」  延長 約600mの区間

 (2) 市道「東雲広路」  延長 約350mの区間

 

2 高次都市施設(地域交流センター)の整備

 

3 まちなか滞在環境整備事業(店舗機能向上改修費補助)

 

4 まちなか居住促進事業(住宅建築取得費補助)

 

5 オープンカフェ等社会実験

 

 

6 計画書・事前評価

都市再生整備計画(函館駅前・大門地区)(3MB)

 

事前評価(90KB)

 

 

 

 

 

ホームページに関するアンケートにご協力ください。


by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

お問い合わせ

都市建設部 都市計画課
電話:0138-21-3360
ファクシミリ:0138-27-3778