軽度者に対する福祉用具貸与の例外給付

2021年1月6日

下記の品目については,原則として対象外ですが,身体の状態により対象となる場合があります。(軽度者に対する例外給付制度)

ケアマネジャーにご相談ください。

 

 

要支援1・2,要介護1の方が原則として対象外となる品目(自動排泄処理装置は,要介護2・3の方も含む)  

 

  • 車いすとその付属品
  • 体位変換器
  • 特殊寝台とその付属品
  • 床ずれ防止用具
  • 認知症老人徘徊感知器
  • 自動排泄処理装置
  • 移動用リフト(釣り具の部分を除く)

 

 

【参考】資料 軽度者に対する福祉用具貸与の例外給付(平成30年12月)

  表紙:表紙.pdf(38KB),1~5頁目:P.1~5.pdf(438KB)

  6頁目:P.6.pdf(144KB),7~8頁目:P.7~8.pdf(256KB)

  9~10頁目:P.9~10.pdf(187KB),11~12頁目:P.11~12.pdf(181KB)

 

【事業者向け】軽度者に対する福祉用具貸与の例外給付に関するQ&A

 

  

 

 ページトップへ

 

  

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

保健福祉部 介護保険課
介護サービス担当
電話:0138-21-3024
ファクシミリ:0138-26-5936