改正大気汚染防止法(水銀大気排出規制)について

2018年3月30日

国は,水銀及び水銀化合物の人為的な排出から人の健康及び環境を保護することを目的として「水銀に関する水俣条約」(以下「水俣条約」という。)を締結しました。

水俣条約の採択を受け,水銀等の大気中への排出を規制するため大気汚染防止法の一部を改正する法律が公布され,平成30年4月1日に施行となり,当該施設は法に基づく届出が必要となります。

主な改正内容

・水銀排出施設の設置の届出義務

・排出基準の遵守

・水銀濃度の測定義務

 

※詳細については下記の環境ホームページをご覧ください。

  環境省ホームページ「水銀大気排出対策」

届出様式

大気汚染防止法に関する届出書類(様式第3の5)

 

 

 

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

お問い合わせ

環境部 環境対策課
電話:0138-51-3348
ファクシミリ:0138-51-3498