「男性家族介護者のつどい」を開催しました

2021年11月30日

男性家族介護者同士で、介護の悩みを話せる場として、令和3年度3回目の「男性家族介護者のつどい」を11月24日(水)にあいよる21(函館市総合福祉センター)にて開催。

初参加2名を含め、7名が参加しました。

 1  2

感染予防を心がけて、受付で体温測定、体調確認と、アルコールの手指消毒を行い、参加者はフェイスシールドとマスクを着用。

ミニ講話テーマ ケアマネジャーからのエール

7

6

今回は、小規模多機能型居宅介護事業所 ななえはま わとな 松川 郁美 様を講師にお迎えしました。

ケアマネジャーとして、認知症などの方々を支援してきた経験談を交えて、認知症の特徴に合わせた対応の仕方をわかりやすくお話いただきました。

一例として、たった今のことを忘れてしまう短期記憶障害のアルツハイマー型認知症の方が、「ご飯まだ?」と何度も聞く場合、本人の気持ちを受け止めつつ、「『ちょっと待っててね』とアメやチョコレートを渡してあげると、気持ちが落ち着きますよ」と、ポケットにいつも常備しているなど、支援者ならではの対応をいくつも教えていただきました。

 

 座談会

日頃の介護している中で入浴を嫌がり困っている、施設入所を考えるタイミングなど、参加されている方々それぞれ現状に違いはありますが、みなさん悩みながらの介護。

「つどいに参加して話しをすることで、気が紛れた。また次も来るよ」とお約束。

今年度初めて時間短縮せずに開催しましたが、あっという間のひと時でした。

8 5 10

 

次回、令和4年2月22日(火)10:30~12:00 函館市コミュニティプラザGスクエア(シエスタ函館4階)で、お待ちしております。

 

感染予防のため定員(8名)を設けております。事前に申し込み下さい。

 

ちらし日程(R3年度).pdf(763KB)ちらし会場地図(R3年度).pdf(677KB)



クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

     

お問い合わせ

保健福祉部 高齢福祉課
家族介護支援・認知症担当
電話:0138-21-3065
ファクシミリ:0138-26-5936