函館市臨海研究所の歴史

2016年1月21日
臨海研究所に歴史タイトル

 平成19年4月に開所した函館市臨海研究所ですが,建っている場所や建物には面白い歴史が隠されています。
臨海研究所(圧縮版).JPG 臨海研究所内部
18世紀はじめ 松前藩が現在の臨海研究所の場所(現:函館市大町13番1号)に「沖之口番所」を移設
1821年 「沖之口役所」に名称変更
1869年(明2) 「海官所」に名称変更
1870年(明3) 「海関所」に名称変更
1872年(明5) 海関所の一部を「函館郵便役所」として開所
(道内初の郵便局。「箱館郵便役所跡の碑」)
 
1875年(明8) 「函館船改所(はこだてふなあらためしょ)」に名称変更。
函館郵便役所が「函館郵便局」と名称変更。大町85番地ノ2の新庁舎に移転
1878年(明11) 米国の動物学者エドワード・モースが来函。函館船改所の一部を「臨海実験所」とし,海藻や貝類などの研究を行う(江ノ島臨海実験所(明10)に次ぐ,日本で2番目の臨海実験所)。
1885年(明18) 函館船改所を仮庁舎として「函館水上警察署」開署

(参考)函館水上警察署の名称変遷

「函館水上警察署」→「函館警察署仲浜町分署」(明19)→「函館水上警察署」(明24)→「函館水上分署」(明31)→「函館水上警察署」(明40)
1887年(明20) 函館船改所閉鎖
1926年(大15) 函館水上警察署の建物を新築(現在の建物
1952年(昭27) 「函館西警察署」に名称変更
1984年(昭59) 西警察署が海岸町に移転。建物は道内最古の警察署庁舎として保存。
1989年(平1) 「旧函館西警察署」の建物が函館市都市景観条例に基づく景観形成指定建築物等に指定
1995年(平7) 耐力度調査実施(耐久・耐震性能診断)
2005年(平17) 建物の解体・復原について,函館市都市景観審議会に諮問。外壁の一部部材の再利用および外壁立面を忠実に再現するものであることから,指定の継続を答申
2006年(平18) 建物を解体・復原
■解体前の旧函館西警察署
2007年(平19) 函館市臨海研究所として開所
 
 

■函館市トップへ       ■臨海研究所トップへ

 

 

 

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

企画部 水産海洋・高等教育担当
電話:0138-27-7301