エボラ出血熱について

2016年1月1日

エボラ出血熱について

 もしエボラ出血熱が流行しているギニア,シエラレオネに渡航し帰国した後,1か月程度の間に発熱した場合には,地域の医療機関を受診することは控えていただき,まず,保健所に連絡をし,その指示に従ってください。

 

 エボラ出血熱の詳しい情報は厚生労働省のエボラ出血熱のホームページをご覧ください。

 

 厚生労働省へリンク

 

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

お問い合わせ

保健所 保健予防課
感染症・難病担当
電話:0138-32-1547
ファクシミリ:0138-32-1526