身体障害者手帳の交付申請について

2015年4月1日

平成27年4月から,身体障害者手帳(聴覚障害)の認定方法が見直しになりました。

詳しくは こちら をご覧ください。 

 

 

平成28年4月から,身体障害者手帳(肝臓障害と呼吸器障害)の認定方法が見直しになりました。

詳しくは こちら をご覧ください。 

 

 

 

 ◆身体障害者手帳

視覚,聴覚,平衡機能,音声機能,言語機能,そしゃく機能,肢体,内部(心臓,呼吸器,じん臓,ぼうこう・直腸,小腸,免疫,肝臓)の機能に永続する障がいがある場合で,その程度により1級から6級までの手帳が交付されます。

 身体障害者手帳の申請に必要なもの

 1 交付申請書
 2 医師の診断書・意見書(所定の様式があります。下欄からダウンロードできます。診断書・意見書の有効期間は作成年月日から3ヶ月以内です。)
 3 写真(縦4cm×横3cm。上半身・無帽のもの)
 4 印鑑(シャチハタ以外)
 5 健康保険証(医師の診断書において「障害等級が1~3級に該当する」旨の記載があった場合のみ。)


 

〈再認定〉

障がいの状況について変化が予想される場合は,再認定を受けていただく場合があります。
 対象となる方の手帳には「再認定時期」を記載しており,その時期に市からお知らせします。

〈再交付(等級変更)〉

障がいの状況が変わったときは,等級を変更して,手帳の再交付を受けることができます。

〈再交付(紛失・破損等)〉

手帳を紛失や破損などしたときは,再交付を受けることができます。

 再認定・再交付の手続きに必要なもの

 1 再認定申請書または再交付申請書
 2 医師の診断書・意見書(再認定・等級変更の場合のみ。診断書・意見書の有効期間は,作成年月日から3ヶ月以内です。)
 3 写真(縦4cm×横3cm。上半身・無帽のもの)
 4 印鑑(シャチハタ以外)
 5 健康保険証(障害等級の変更により,1~3級に障害等級が上がったとの診断があった場合のみ。)
 6 交付を受けている身体障害者手帳(紛失の場合以外)


 

〈住所・氏名等の変更〉

手帳の交付後に,住所・氏名などが変わったときは,手帳と印鑑を持参のうえ,手続きしてください。
 (居住地等変更届
 市外に転出したときは,転出先の市町村に届け出てください。

〈手帳の返還〉

再認定や等級変更,破損などで再交付を受けたときは,再交付を受ける前の手帳について返還が必要です。
 また,死亡されたときについても,返還が必要です。
 手帳を持参のうえ,手続きしてください。(返還届


 

 〈診断書・意見書の様式ダウンロード〉

  ・視覚障害
  ・聴覚,平衡,音声,言語,そしゃく機能障害
  ・肢体不自由
  ・脳原性運動機能障害
  ・心臓機能障害(18歳以上)
  ・心臓機能障害(18歳未満)
  ・呼吸器機能障害
  ・じん臓機能障害
  ・ぼうこう・直腸機能障害
  ・小腸機能障害
  ・免疫機能障害(13歳以上)
  ・免疫機能障害(13歳未満)
  ・肝臓機能障害


 身体障害者診断書・意見書は、身体障害者福祉法の規定による指定医師に記載してもらう必要があります。
 指定医師については、下記の担当窓口までお尋ねください。

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

保健福祉部 障がい保健福祉課
公費医療等担当
電話:0138-21-3264
ファクシミリ:0138-27-2770