小腸機能障害の身体障害認定基準(推定エネルギー必要量)の改正について

2015年3月31日

【小腸機能障害の身体障害者診断書・意見書を作成される身体障害者福祉法指定医師の皆様へ】

 

小腸機能障害の身体障害認定基準における「推定エネルギー必要量」が,平成27年4月から改正になります。

 

(表1)日本人の推定エネルギー必要量(kcal/日)

年齢(歳) 男性 女性

0~5(月)

6~8(月)

9~11(月)

1~2

3~5

6~7

8~9

10~11

12~14

15~17

18~29

30~49

50~69

70以上

550

650

700

950

1,300

1,350

1,600

1,950

2,300

2,500

2,300

2,300

2,100

1,850

500

600

650

900

1,250

1,250

1,500

1,850

2,150

2,050

1,650

1,750

1,650

1,500

下線部は今回変更の箇所

「食事による栄養摂取量の基準」(平成27年厚生労働省告示第199号)

 

●厚生労働省関係通知

 

 「小腸機能障害の身体障害認定基準(推定エネルギー必要量)の改定について」

関連ワード

お問い合わせ

保健福祉部 障がい保健福祉課
公費医療等担当
電話:0138-21-3264
ファクシミリ:0138-27-2770