函館市の人口動態(令和2年確定数)について

2021年12月3日

令和2年1月1日から12月31日までの1年間に,函館市に住所を有する日本人について出生や死亡などの出来事(人口動態事象)を集計したものです。

出生数,死亡数等の各数値については,政府統計の総合窓口(e-Stat)の数値を使用しております。

なお,出生率などの比率は,国勢調査の年齢別人口確定後に公表します。(出生・死亡・婚姻・離婚は人口千対率)

概要

出生

1,231人(男630人,女601人) 

前年比74人の減少です。

死亡

3,827人(男1,881人,女1,946人) 

前年比200人の減少です。また,死亡原因の順位は,第1位が悪性新生物(がん)となっており,第2位以下は表のとおりです。

死亡

順位

死因 死亡者数

死亡総数に

占める割合

悪性新生物(がん) 1,178人 30.8%
心疾患 436人 11.4%
老衰 298人 7.8%
脳血管疾患 269人 7.0%
肺炎 267人 7.0%

死産

44胎 死産率34.5(出産千対率)

前年比2胎の減少で,死産率は前年を0.5ポイント上回っています。

婚姻

929組 

前年比169組の減少です。

初婚の平均年齢は夫30.6歳,妻29.5歳で,夫は前年と比べ0.6歳早婚化し,妻は0.2歳晩婚化しています。

離婚

431組 

前年比64組の減少です。

結婚生活に入ってから同居をやめたときまでの期間別離婚割合をみると,1年未満4.9%,1~5年未満26.0%,5~10年未満17.2%,10~15年未満10.7%,15~20年未満10.7%,20年以上19.7%,不詳10.9%となっています。

その他の結果について

■ 人口動態の年次推移についてはこちら

■ 全国の令和2年人口動態の結果(厚生労働省発表)はこちら

■ 北海道の令和元年人口動態の結果(北海道保健統計年報)はこちら

(※算定基礎となる人口は,直近の国勢調査人口から推計しているため,出生率などの比率は当市の算出結果と異なる場合があります。)

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

お問い合わせ

保健所 地域保健課
企画担当
電話:0138-32-1512