都市景観形成地域の範囲

2016年3月31日

対象区域

弥生町,大町の全部および船見町,弁天町,末広町,元町,豊川町の各一部

 

区域面積

約120ヘクタール

 

地域の概要

安政6年(1859年)長崎・横浜とともに国際貿易港とし開港し,諸外国の文化の流入とそれによる影響を受け,異国情緒あふれる町並みが形成され,函館特有の坂道や建築物等の歴史的文化的環境が現在も色濃く残されている地域

 

都市景観形成地域については,都市計画における用途地域などの地域の特性を踏まえ,住宅地景観ゾーン,住商複合地景観ゾーン,港湾地景観ゾーンの3つの景観ゾーンを定めています。また,特に伝統的建造物群保存地区と一体となった函館らしい景観を有する道路のうち,積極的に都市景観の形成を図る必要がある道路(景観形成街路)に面した区域を景観形成街路沿道区域として指定しています。

 

都市景観形成地域図の画像.jpg

 

ダウンロード

都市景観形成地域図(489KB)

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

お問い合わせ

都市建設部 まちづくり景観課
景観担当
電話:0138-21-3388
ファクシミリ:0138-27-3778