後発地震情報について

2022年12月16日

北海道・三陸沖後発地震注意情報が16日から運用開始となりました

 

北海道から岩手県にかけての沖合にある「千島海溝」と「日本海溝」でマグニチュード7クラスの地震が

起きた場合に、国がその後の巨大地震の発生に注意を呼びかける「北海道・三陸沖後発地震注意情報」

の運用が16日から始まりました。

 

情報が発表された場合、1週間程度は日常の生活を維持しつつ、揺れを感じたら直ちに避難できるよう

備えておくことなどが求められます。

 

詳しくは、内閣府のサイトをご確認ください。(こちらから

 

 

 チラシ.pdf(1MB)

お問い合わせ

総務部 災害対策課
電話:0138-21-3648