法定福利費を明示した請負代金内訳書の提出について

2022年4月15日

 

法定福利費を適切に負担する建設業者が不利にならないなど,公平で健全な競争環境を構築し,建設業の担い手を育成・確保するための取り組みとして,令和4年度から,法定福利費を明示した請負代金内訳書の提出が必要となります。

 

1 法定福利費とは

法令に基づき企業が義務的に負担しなければならない社会保険料(健康保険,厚生年金保険,雇用保険の保険料等)をいいます。

詳しくは,国土交通省のホームページを参照してください。

・法定福利費を内訳明示した見積書の作成手順

https://www.mlit.go.jp/common/001090440.pdf

 

2 対象工事について

契約書を作成する全ての建設工事とします。

 

3 記載内容等について

市の様式によるものとしますが,様式に記載されている内容が確認できれば別様式でも構いません。

また,入札時に提出した入札金額内訳書に法定福利費の金額を記載している場合は,請負代金内訳書の内訳明細の欄に「別紙のとおり」と記載し,入札金額内訳書を添付して提出することができるものとします。

 

市の様式はこちら

 

4 提出方法について

契約締結後14日以内に工事監督員に提出してください。

(工程表の提出期限と同じです。)

 

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

お問い合わせ

土木部 管理課
庶務係
電話:0138-21-3405
ファクシミリ:0138-22-4005