通電火災にご注意を!!

2022年3月18日

通電火災について

通電火災は,地震や風水害により停止した電力の復旧時に発生します。

また,阪神・淡路大震災や東日本大震災で発生した火災のうち,半数以上が電気に起因する火災によるものと言われています。

地震以外でも,台風等の風水害が原因となる通電火災も発生しており,大規模停電では復電時に通電火災とみられる火災が相次いで発生しています。

 

地震等による停電からの再通電時には,電気機器または電気配線からの火災が発生するおそれがあるため,以下の点にご注意ください。

  • 停電中は電気機器のスイッチを切り,電源プラグをコンセントから抜いてください。
  • 停電中に自宅等を離れる時は,ブレーカーを落としてください。
  • 給電の再開時には,漏水等で電気機器等が破損していないか,配線やコードが損傷していないか,燃えやすいものが近くにないかなど,十分に安全を確認してから電気機器を使用してください。
  • 建物や電気機器に外見上の損傷がなくとも,壁内配線の損傷や電気機器内部の故障によって,再通電後や長時間経過した後に火災に至る場合があるため,煙の発生等の異常を発見した際は直ちにブレーカーを落とし,消防機関に連絡してください。

 

また,地震や風水害による通電火災の対応については,下記の総務省消防庁が公開している広報用映像資料をご確認ください。

 

 

 

ホームページに関するアンケートにご協力ください。


by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

お問い合わせ

消防本部 指導課
電話:0138-22-2151