市に提出される申請書等への押印の見直しについて

2022年4月18日

市では,市民や事業者の皆さんの負担軽減と利便性の向上を図るとともに,行政手続等のデジタル化を推進するため,令和4年4月1日から,市に提出いただく申請書等について押印の見直しを行います。

 

 

押印の廃止について

 

押印を廃止する手続数 約2,700件

既に廃止済みの手続数   約500件

押印を存続する手続数   約350件

※押印を不要とした申請書等であっても,本人による署名や本人確認(マイナンバーカードや運転免許証の提示等)をお願いする場合があります。

※国,道の法令・条例等で押印が義務付けられているもの,契約関係手続や重要な権利義務に係る手続など,引き続き押印が必要となる場合があります。

 

 

その他

 

押印を廃止する申請書等について,既に配布されている様式に押印欄があるものについては,押印せずにそのまま提出することができます。

 

ご不明な点は,申請書等を所管する部署へお問い合わせください。

 

【押印を廃止する申請書等の一覧】

□押印を廃止する申請書等一覧(2MB) 

 

ホームページに関するアンケートにご協力ください。

関連ワード

お問い合わせ

総務部 行政改革課
電話:0138-21-3668