きこえない人ときこえる人を「電話」でつなぐ 電話リレーサービス

2021年7月21日

電話リレーサービスとは

 聴覚や発話に困難がある方との会話を,電話リレーサービス提供機関にいる通訳オペレーターが,

「手話や文字」から「音声」に,「音声」から「手話や文字」に通訳することで,即時双方向に電話をつなぐサービスで,

令和3年7月1日から,一般財団法人日本財団電話リレーサービスが公共インフラとしてのサービス提供を開始しました。

(年中無休で24時間利用できます。日本語の発話と文字,日本の手話のみを扱います。)

 

 電話リレーサービス概要図

 

電話リレーサービスとは?(外部リンク 一般財団法人全日本ろうあ連盟)

電話リレーサービス 総務省リーフレット(1MB)

 

電話リレーサービスは,こんな時に役立ちます 

・医療機関の受診予約  ・職場や学校への連絡  ・家族や友人との会話  ・緊急通報 など 

 

※目の前の人に用件を伝えるために利用できません。離れた場所にいる人に電話するときに利用できます。 

利用の際に必要なもの(聴覚や発話に困難がある方)

 インターネットにつながるスマートフォンやタブレット,パソコン

 

利用者負担

 通信料・通話料は発信者の負担となります。

きこえる人から,きこえない人に電話することもできます。 電話リレーサービス「よくある質問」(外部リンク)

 

電話を受ける方へのご理解とお願い 

 電話の最初に通訳オペレーターから,「こちらは電話リレーサービスです。耳の聞こえない方などからの

お電話を通訳しております。双方のお話をすべて通訳いたします。よろしくお願いします。」という案内があります。

 通訳をはさむため,通常の電話に比べて時間がかかりますので,用件が済むまでは電話を切らず,

返答を待ってお話されるよう,お願いします。 

 

事前に利用登録が必要です(聴覚や発話に困難がある方)

 あらかじめ利用登録が必要です。登録は一般財団法人日本財団電話リレーサービスのホームページをご覧ください。

 

一般財団法人日本財団電話リレーサービスのホームページ(外部リンク)

 

お問い合わせ先

一般財団法人日本財団電話リレーサービス

電話 03-6275-0912 (年末年始を除く日の9時30分から18時まで) 

FAX   03-6275-0913 

メール info<@>nftrs.or.jp 

     ※迷惑メール防止のため,「@」を「<@>」と表示しています。メール送信の際は「@」に置き換えてください。

 

 

 

関連ワード