令和元年度(2019年度)プラスチックごみ削減キャンペーン

2022年3月4日

 

プラスチックごみ削減キャンペーンを実施しました。

  1. 日時 令和元年10月29日(火曜日)午前10時30分から午前11時30分まで
  2. 場所 イオン湯川店(函館市湯川町3丁目14番5号)
  3. 主催 函館市
  4. 共催 函館の街をきれいにする市民運動協議会
  5. 協力 イオン北海道株式会社

目的

近年,世界的な環境問題となっている海洋プラスチックごみをはじめとするプラスチックごみについて,国は令和元年に「プラスチック資源循環戦略」を策定し,プラスチックごみの削減を推進していくこととしており,地方自治体にもプラスチックの排出抑制のための周知をはじめ,分別収集の徹底や海などへの流出防止対策などが求められています。

本市は国際水産・海洋都市として海洋プラスチックごみ対策は重要であり,プラスチックの削減に向けて積極的に取り組む必要があることから,10月の3R(リデュース・リユース・リサイクル)推進月間にあわせ,プラスチック製品の利用抑制やレジ袋やペットボトルなどのポイ捨て防止についてプラスチックごみ問題に対する市民の意識向上を図るため,啓発キャンペーンを実施しました。

啓発活動

店頭入口および店舗内スペースにおいて来店者へ啓発物を配布し,3Rの推進とプラスチックごみ削減について広く市民に周知を図りました。

今後も引き続き,市民に対してプラスチックごみ削減の取り組みを進めていきたいと思います。

パネル展示

10月18日(金)から10月31日(木)まで啓発パネルを店舗内スペースに展示しました。

 

 当日1

R1ポスター.jpgR1ポスター.pdf(129KB)

当日の様子

当日ティッシュ用チラシ (起案用).jpg

当日3当日9

当日7当日6

 

 

啓発チラシ

R1チラシ.jpgR1チラシ.pdf(319KB)

ご協力いただいた事業所

レジ袋有料化実施事業所において,ポスターの掲示や10月29日(火)のキャンペーン当日に各店内でプラスチック製品のポイ捨て防止等を呼び掛ける放送にご協力いただきました。

   ・生活協同組合コープさっぽろ   9店舗

   ・株式会社ホクレン商事      1店舗

   ・マックスバリュ北海道株式会社  6店舗

   ・有限会社魚長         12店舗

   ・株式会社道南ラルズ       7店舗

   ・株式会社イトーヨーカ堂函館店  1店舗

   ・株式会社トライアルカンパニー  1店舗

   ・DCMサンワ株式会社      1店舗

 

 

ホームページに関するアンケートにご協力ください。


by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 


 

関連ワード

お問い合わせ

環境部 環境推進課
ごみ減量・美化啓発担当
電話:0138-51-0798
ファクシミリ:0138-51-3498