函館市公衆浴場法施行条例および函館市旅館業法施行条例の一部を改正する条例(案)に対するパブリックコメント(意見公募)手続の実施について(募集期間:令和2年10月9日~11月9日)

2020年10月9日

募集期間

令和2年10月9日(金)~令和2年11月9日(月)

 

結果公表の予定時期

令和2年11月

 

概要・趣旨・背景 

 本市では,公衆浴場や旅館業施設における衛生の維持を図るため,公衆浴場法および旅館業法に基づき「函館市公衆浴場法施行条例」や「函館市旅館業法施行条例」により営業者が講ずべき措置の基準を定め,公衆浴場や旅館業施設に対する助言・指導を行っています。

 近年,レジオネラ症患者が全国で増加しており,その発生を防止するため衛生水準の維持および向上を図る必要があることから,昨年9月に厚生労働省が「公衆浴場における衛生等管理要領」,「公衆浴場における水質基準等に関する指針」,および「旅館業における衛生等管理要領」を改正し,新たな指針が示されたことから,本市における関係条例の改正の要否について検討をすすめてきたところです。

 その結果,レジオネラ症発生防止対策の強化や,その他社会情勢の変化を踏まえた改正が必要であるとの結論に至ったことから,その改正案について,意見提出手続きを行うこととしました。

 

 

政策等の案

函館市公衆浴場法施行条例および函館市旅館業法施行条例の一部を改正する条例(案)(PDF形式:213KB)

○意見書様式 [PDF形式(119KB)]  [Word形式(51KB)]  [一太郎形式(37KB)]

 

 

※上記資料は,保健所生活衛生課(函館市総合保健センター3階),市役所 i スペース,亀田支所,湯川支所,銭亀沢支所,戸井支所,恵山支所,

   椴法華支所,南茅部支所において配布しております。

  

 

   

※注:PDF形式でご覧いただくためには,AdobeReaderが必要になります。

    お持ちでない方は,こちらからダウンロードしてご利用ください。

 

 

 

 

 

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

 

関連ワード

お問い合わせ

保健所 生活衛生課
環境衛生担当
電話:0138-32-1521
ファクシミリ:0138-32-1505