消毒用アルコールの安全な取扱いについて

2020年3月23日

今般の新型コロナウイルス感染症の発生に伴い,手指の消毒等のため,消防法に定める危険物の第4類アルコール類に該当する消毒用アルコールを使用する機会が増えています。

消毒用アルコールは火気により引火しやすく,また,消毒用アルコールから発生する可燃性蒸気は空気より重く低所に滞留しやすいため,多量に取扱う場合には換気が必要であるなど,火災予防に留意する必要があります。

このような状況を踏まえ,消毒用アルコールの安全な取扱いについて,以下のとおり火災予防上の一般的な注意事項を取りまとめましたので,ご使用に際しましてはご注意ください。

 

 

  1. 消毒用アルコールの使用に際して,火気の近くでは使用しないこと。
  2. 室内の消毒や消毒用アルコールの容器詰め替え等に伴い,可燃性蒸気が滞留するおそれのある場合には,通風性の良い場所や換気が行われている場所等で行うこと。また,みだりに可燃性蒸気を発生させないため,密閉した室内で多量の消毒用アルコールの噴霧は避けること。
  3. 消毒用アルコールの容器を設置・保管する場所は,直射日光が当たる場所や高温となる場所を避けること。また,消毒用アルコールの容器を落下させたり,衝撃を与えたりする等しないこと。
  4. 消毒用アルコールを容器に詰め替える場合は,漏れ,あふれまたは飛散しないよう注意するとともに,詰め替えた容器に消毒用アルコールである旨や「火気厳禁」等の注意事項を表示すること。

 

 


このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

関連ワード

お問い合わせ

消防本部 指導課
電話:0138-22-2145
ファクシミリ:0138-22-1934