新型コロナウイルス感染症の影響により市税の納付が困難な方へ

2020年9月9日

納税の猶予(特例制度)

 新型コロナウイルス感染症の影響により,事業収入や給与収入等に相当の減少があった方は,以下の➀➁のいずれにも該当する場合に、1年以内の期間に限り,納税の猶予を受けることができるようになりました。担保の提供は不要で延滞金もかかりません。税務室納税担当までお早めにご相談ください。

 

 

 ➀ 令和2年2月以降の任意の期間(1か月以上)において,事業等に係る収入が前年同期に比べて概ね20%以上減少していること。

 

 ➁ 一時に納付し,または納入を行うことが困難であること。

 

申請手続き

 ・ 令和2年6月30日または納期限(納期限が延長された場合は延長後の納期限)のいずれか遅い日までに申請が必要です。

 

 ・ 猶予申請書および財産収支状況書のほか,収入や現預金の状況が分かる資料を提出していただきます。

    資料の提出が難しい場合は口頭によりお伺いします。

 

 ・ 令和2年9月4日付けで関係法令が改正され、猶予の対象となる地方税が「令和2年2月1日から令和3年1月31日納期限のものまで」から「令和3年2月1日納期限のものまで」に変更となりました。

このため、令和2年度市道民税第4期(令和3年2月1日納期限)についても対象となりました。

 

 

【ご案内】

「納税の猶予特例制度」のご案内(R2.9.9更新).pdf(145KB)

猶予申請書.pdf(632KB) 猶予申請書.xlsx(79KB)

猶予申請書(記載例).pdf(791KB)

猶予申請書(手引き).pdf(855KB)

財産収支状況書.docx(36KB)

財産収支状況書の記載例(給与収入).pdf(218KB)

財産収支状況書の記載例(事業収入).pdf(229KB)

 

猶予についての注意事項

1.猶予が決定しても,納期限が過ぎた市税については未納扱いとなります。

 

そのため,

  ➀ 猶予を受けている税目ごとの納税証明書につきましては未納額が表示されます。

  ➁ 滞納がない旨の証明書の発行はできません。

 

2.納税の猶予(特例制度)を適用されている期間中に,軽自動車の継続検査(車検)を受けられる場合は,「徴収の猶予承認通知書」に対象車両の車両番号等が記載されておりますので,当該通知書を提示していただくことにより継続検査(車検)の手続きを行うことができます。

 

関連ワード

お問い合わせ

財務部 税務室納税担当
電話:0138-21-3234