沿岸漁業大学専修課程講座

2019年11月22日

沿岸漁業大2019.jpg

 

▲ 会場の様子

 

令和元年11月22日、南茅部総合センターにおいて、南茅部沿岸漁業大学専修課程講座「道南海域のコンブのはなし~コンブの急減について考える~」が開催され、地元の漁業者など60人が受講しました。
 講師である函館水産試験場の 前田 高志 研究主任から、マコンブの生態や近年の生産量急減の原因のほか、その対策などについて、映像を用いた講演がありました。
 特に関心を集めたのは、コンブ急減の対策として現在検証中の「スポアバック法」と呼ばれるもので、胞子を放出できる状態のコンブを、袋状の網などに入れて海中に設置する手法で、効果的なコンブ生産量の増加が期待されるとのことでした。
 参加者からは「南茅部地域のコンブ生産量を維持するため、先生の研究を応援したい」という声が上がっていました。

 

 

※ 提供しているデータのうち、文字、文章のみをオープンデータ対象とし、写真については対象外とします。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを再配布する場合は、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを改変したもの、本ページのデータを元に作成したものの頒布は禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

お問い合わせ

南茅部支所 地域振興課
電話:0138-25-5111