住民票やマイナンバーカード等への旧氏の併記について

2022年3月31日

令和元年11月5日より,「住民票」「マイナンバーカード」「公的個人認証サービス 署名用電子証明書」に,請求により旧氏(旧姓)を併記することができるようになりました。また,住民票に旧氏(旧姓)を併記した方の印鑑登録証明書にも旧氏(旧姓)が表示されます。

 

住民票やマイナンバーカード等に併記できる旧氏(旧姓)

旧姓を初めて併記する場合には,本人の戸籍謄本等に記載されている過去の氏の中から1つを選んで併記することができます。

必要がなくなった場合などには,旧姓を削除することが可能です。 ただし,旧姓を削除した場合には,その後,氏が変更したときに限り,削除後に新たに生じた旧姓の中から1つを選んで再び併記することができます。

※一度記載した旧氏(旧姓)は婚姻等により氏が変更されていても引き続き併記されます。(請求があれば,直前に称していた氏に限り,変更ができます)

※旧氏(旧姓)は,他市区町村に転入しても引き続き記載されます。

 

申請に必要なもの

1 戸籍謄本等

・現在の戸籍で記載を求める旧氏が確認できない場合は,記載を求める旧氏の記録がある除かれた戸籍から現在の戸籍に繋がるまでの,関係する全ての戸籍(除籍)謄本等が必要です。

 

2 届出人の本人確認書類

>> 住民異動の届出における本人確認

 

3 個人番号カード(所持されている方)

・カードの記載内容を変更する必要がありますので,ご持参ください。

・暗証番号の入力が必要です。

 

※代理人による届出となる場合,上記の他に,本人からの委任状等が必要となります。

その内容について,詳しくは次のリンク先をご確認ください

>> 代理人による住民異動の届出

 

印鑑登録について

旧氏の申請を行うと,旧氏での印鑑登録が可能となります。登録できる印鑑は一人一個ですので,すでに印鑑登録されている場合は改めて登録の手続きが必要となります。

 

>> 印鑑登録

 

旧氏(旧姓)について

旧氏(旧姓)併記につきましては,総務省のホームページもご確認ください。

 

住民票、マイナンバーカード等への旧氏の併記について

 

窓 口

市民部戸籍住民課届出担当   0138−21−3173
湯川支所戸籍住民担当     0138−57−6162
銭亀沢支所          0138−58−2111
亀田支所戸籍住民担当     0138−45−5583
戸井支所  市民福祉課      0138−82−2111
恵山支所  市民福祉課      0138−85−2335
椴法華支所 市民福祉課    0138−86−2111
南茅部支所 市民福祉課    0138−25−6042
 
 

ホームページに関するアンケートにご協力ください。

 
by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

お問い合わせ

市民部 戸籍住民課
届出担当
電話:0138-21-3173