都市計画法第53条の許可基準の緩和について

2019年7月19日

函館市においては,都市計画法第53条の許可基準を緩和し,当該区域が都市計画決定後相当期間を経過しており,事業の着手が近い将来に見込まれていない場合は,3階建て以下まで建築できるようになりました。

 

【許可基準緩和内容】

  階 数 構 造 規 模
 現 行 

 

 2階建て以下  

 

 鉄筋コンクリート造は不可  

 地下は不可

 容易に移転・除却できるもの 
 緩和後 

 

 階建て以下  

 

 〃

 

 

・都市計画法第53条許可のページ

 

函館市都市計画法第54条の許可の基準に関する要綱

 

 

 

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

関連ワード

お問い合わせ

都市建設部 都市計画課
電話:0138-21-3363