福祉避難所について

2019年7月1日

 

【福祉避難所について】

 

 ■福祉避難所は,災害時に要配慮者(高齢者や障がい者等)など,一般の避難所(学校など)での

  生活が困難な方々を避難させるための避難所です。

 

 ■福祉避難所は,災害時に必要に応じて開設される二次的な避難となっており,最初から避難所

  として利用することはできません。

 

 ■函館市では,市内で社会福祉施設等を経営する社会福祉法人等の協力を得て,66の施設を

  福祉避難所に指定しています。

 

     

         

※ 福祉避難所に指定されている施設へ直接避難することはできません。

 

  

 

 

 

 

1 まずは一般の避難所へ避難

 

 災害が発生または発生するおそれがある場合,身の安全を確保するために,

まずは一般の避難所(学校など)へ避難して下さい。

  

 

2 一般の避難所での配慮

 

 一般の避難所では,集団の中での生活になりますが,要配慮者の方に対しては,

専用の避難スペースを設けるなど,特に配慮するよう努めます。

 

 

 

3 福祉避難所への移動

 

 要配慮者専用の避難スペースでも避難生活に困難が生じる場合は,

福祉避難所で受け入れができるように調整します。

 市が福祉避難所に指定されている各施設に連絡して,

受け入れについて調整したあと,要配慮者の方に施設へ移動していただきます。

 

 

※函館市が福祉避難所に指定している施設です  →  一覧.pdf(154KB)

お問い合わせ

保健福祉部 管理課
電話:0138-21-3256