教職員の業務改善のための取組

2018年10月17日

教職員の業務改善のための取組」(平成29年12月)

現在,学校を取り巻く環境は複雑化・多様化し,学校現場が直面する課題も多種多様であり,教員は様々な教育課題への対応を求められています。

平成28年度に北海道教育委員会が実施した「教育職員の時間外勤務等に係る実態調査」では,小学校で23.4パーセント,中学校で46.9パーセントの教員(主幹教諭・教諭)が週60時間以上勤務しているという結果が出ており,教員が健康でやりがいを持って働くことができる環境を整え,教員の負担を軽減する取組の実行が求められています。

こうしたことから,函館市教育委員会では,学校現場の業務改善に向けた取組に関してまとめ,できることは直ちに行うほか,検討が必要なことについては,関係部署等と協議のうえ,具体化していきます。

また,今後も必要に応じて,学校現場の業務改善に向けた取組を推進します。

 

 

教職員の業務改善のための取組 平成29年12月.pdf(329KB)

 

「教職員の業務改善のための取組」の推進にむけて~取組事例集~(平成30年10月)

本市や全国各地の学校で取り組まれている教職員の業務改善の取組事例をまとめました。

 

 

 「教職員の業務改善のための取組」の推進に向けて~取組事例集~ 平成30年10月.pdf(519KB)

 

 

 

 

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

 

お問い合わせ

教育委員会学校教育部 教育政策推進室教育政策課
電話:0138-21-3553