函館市功労賞

2022年7月13日

函館市功労賞

函館市功労賞とは

 函館市の教育、産業経済、保健衛生、防災、社会福祉その他公益事業に関して功労が特に顕著な方を表彰するため、昭和23年に創設されました。

 

令和4年(2022年)の受賞者

 

  林﨑 光弘(はやしざき みつひろ)氏
 

平成3年に国内初の認知症グループホームとなる「有料老人ホーム(現 老人グループホーム)シルバービレッジ函館あいの里」を本市内に開設し、認知症グループホームの制度化に大きく貢献されました。

 

また、南北海道グループホーム協会会長などとして地域の認知症介護の環境整備や認知症への理解、グループホームの認知度向上にも尽力されました。

 

 

 

 

 過去の受賞者(直近5年分:平成29年~)

R4 過去の受賞者 直近5年分.pdf(179KB)

 

函館市表彰条例

函館市表彰条例.pdf(116KB)

 

 

ホームページに関するアンケートにご協力ください。

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。

 ※提供しているデータのうち、テキスト、文章のみをオープンデータとし、写真については対象外とします。

  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ

総務部 人事課
電話:0138-21-3667