10分でできる!65歳以上の方の「あたまの健康チェック」

2019年5月31日

 

10分でできる!65歳以上の方の「あたまの健康チェック」

最近,もの忘れが増えたと感じる方へ

あなたのもの忘れは大丈夫?

もの忘れが気になる方も気にならない方も「あたまの健康チェック」をしませんか? 

 

認知症の予防は,予備軍の段階で早期に発見することが大切です。

市では,平成28年度から,認知症予備軍とされる軽度認知障害(MCI)を早期に発見し,認知症の予防に取り組んでいただくため,

専用のコールセンターに電話して,記憶力のチェックなどを行う取組みを始めました。年に一度は「あたまの健康チェック」をしましょう。(無料)

 

 

○内容        

 受検証書に記載している専用のコールセンターに電話をして,10分程度の質問に受け答えします。

 結果はご自宅に郵送いたします。

 ※認知症の診断をするものではありません。

 

○対象                   

 要支援・要介護認定を受けていない65歳以上の市民       

 

○定員

 400人

 

○お申込み

 電話またははがきでお申し込みください。

 はがきは(1人1枚),住所・氏名・生年月日・電話番号・「あたまの健康チェック希望」と明記し,

 〒040-8666(住所不要)高齢福祉課(電話:21-3081 平日8時45分~17時30分)へ。

 コールセンターの電話番号を記載した受検証書を送付いたします。

 

軽度認知障害(MCI)とは・・・

認知機能(記憶,決定,理由づけ,実行等)のうち1つの機能に問題が生じてはいますが,日常生活には支障がない状態のことです。

放置すると,認知機能の低下が続き,5年間で約50%の人は認知症へ進行すると言われています。

 

 MCIグラフ.jpg

       (資料提供:ティーペック株式会社) 

 

一方,適切な予防策をとることにより,この状態に長期間とどまったり,正常に戻る人もいます。

この段階で脳の活性化を図ることや,適度な運動習慣は認知症の予防のためには非常に重要です。

 

~こんな方はすすんで受けましょう~

 下記のリスク要因に一つでもあてはまる方は,そうでない方より認知症になるリスクが高いと言われています。

 ○糖尿病  ○高血圧  ○脂質異常症  ○喫煙  ○肥満  ○運動不足

 ○頭部外傷  ○メタボリックシンドローム  ○アルコール・化学物質依存

 ○脳ならびに脳血管性疾患  ○甲状腺機能障害

 

「あたまの健康チェック」をきっかけに,元気なうちから介護予防に取組みましょう。

 

※このテストおよびコールセンターは,市がティーペック(株)に委託して実施しています。 

 

 

by
このページの本文とデータは クリエイティブ・コモンズ 表示 2.1 日本ライセンスの下に提供されています。
  • 本ページに掲載しているデータは、自由に利用・改変できます。
  • 本ページに掲載しているデータを元に、2次著作物を自由に作成可能です。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、データの出典(本市等のデータを利用している旨)を表示してください。
  • 本ページのデータを編集・加工して利用した場合は、データを元に作成したものに、編集・加工等を行ったことを表示してください。また、編集・加工した情報を、あたかも本市等が作成したかのような様態で公表・利用することは禁止します。
  • 本ページのデータを元に作成したものに、第三者が著作権等の権利を有しているものがある場合、利用者の責任で当該第三者から利用の承諾を得てください。

 

 

関連ワード

お問い合わせ

保健福祉部 高齢福祉課
介護予防・認知症担当
電話:0138-21-3081